Q&A Of The Log House

Last update:2014/10/2

ログハウスQ&A

Qメンテナンスは大変ですか?

ログハウスはメンテナンスフリーの建物ではありません。建物完成後2年間ぐらいはセトリングという木の収縮により、ログ壁が沈む現象に対応するメンテナンスが必要となります。この間、ボルトの増し締め、建具の調整などが必要になってきます。また、再塗装や割れが入ったところをコーキングするなど、メンテナンスは必要ですが、天然の木を使ったログハウスは非常に寿命の長い建物です。少し手がかかりますがそれも味ですのでつきあっていきましょう。

Q住宅街にログハウスは建てられるでしょうか?

問題ありません。住宅街でもログハウスは建てることができます。以前は、2階というとロフトのみなどの制約が大きかったログハウスなのですが、法改正により総2階建てが可能になるなど大幅に自由度が増して、住宅街にも違和感のないデザインのログハウスもあるほどです。色々な業者がありますので連絡を取ってみましょう。

 

Q木が腐りそうなのですが?

何もメンテナンスをしなければ、腐ってくることはあるかもしれませんが、そもそも木は非常に耐久性に優れているのです。日本では、法隆寺など木造建築は1000年以上の実績があるのです。とはいっても、ログハウスを長持ちさせるには適切なメンテナンスが非常に重要となります。外部に面した壁は3~5年ごとに塗装を行い、割れにはコーキングなどをするといったメンテナンスが必要ですのでしっかりやりましょう。知らないうちに腐っていたということはありませんので安心してしてください。

 

Q雨漏りの心配はありませんか?

可能性はあるのですが、適切なメンテナンスで防ぐことはできます。また、台風時の暴風雨などで室内外の圧力差が大きくなる場合などは、雨水侵入の可能性はあります。しかし、ログ材のひび割れやノッチ部分のコーキングなどのメンテナンスで防ぐことができるでしょう。

 

Q完成までの工期はどのくらいかかるでしょうか?

業者のプランや工法によって異なるのですが、ログ部材の現地組み上がりまでは約3.5ヶ月、完成までには普通5ヶ月程度が目安になります。また、工事を開始する時期によっても工期は変化しますので業者と相談しましょう。

 

Q地震に弱くないですか?

ログ材を横積みにして耐力壁を構成する丸太組構法は重心が低くとても安定しています。また、ログハウスは地震に対して粘り強い構造でになっており、柔性と剛性を併せ持った安全性の高い建物です。地震のような外力に対して比較的柔軟に変形しますが、変形が進んでも耐力が落ちて急に崩壊してしまうことがないのが特徴の1つです。阪神・淡路大震災でもログハウスの被害は極めて少なかったことが報告がありますし、緊急避難先として利用されたという話もあるぐらいですので心配はいらないでしょう。

 

Qログハウスメーカーとのトラブルを未然に防ぐには?

ログハウスは契約と同時に完成品を手にするわけではありません。契約後に時間をかけて造られるものですので、そのため施主と業者の間に「思い違い」や「考え違いが」によるトラブル が生じやすいともいえるのです。それを回避するには「当たり前のことを当たり前にやる」こと が肝要です。建築モラルの低い業者を選択しないことや、検討中には、営業担当者と十分に打ち合わせをする、契約時には設計士から直接説明してもらうなどといった基本的な事柄をつい忘れなければ大丈夫でしょう。